« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月 9日 (火)

WILL(マテバ)

 ■本日サンクリに参加された方々お疲れさまでした!
 そして本やらバッジやら手に取ってくれた方々には心から感謝でっす!!
 自分は終始死にかけておりましたがウチの本を楽しみにして声をかけてくれたりとありがたいことが多かったです。
 差し入れもありがとう! 飲み物は救われました…あとちん毛Tシャツw
 自分はもう前回買いそびれたチャダ本と謎の彼女X本が買えたのでウキウキです(ぉ
 ただロージェノム(を)陵辱本が無かったのは残念だなぁ(何
 ともあれかくあれ今日は死んだ様に眠ります。起きなさそう。

 ■疲れ過ぎてまだ眠れないので24でも観てます。テレ東は録画済み。
 今日会場をフラフラ回っていてちゃんとした目標を見つけまシタ。
 叶わなくともそれは大切なことなのです。にぱー。
 ひとつの躊躇より百の失敗!!
 歳相応の人間になれるよう努力します。
 たったひとつでも夢を追えるならば生きてるだけで丸儲け。

 ■ボクは美しく狂いたいと思う。

 ■ほいじゃ皆さん、お体には気を付けて。
 俺に云われちゃ御仕舞ぇかw

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

ネムレナーイ(マテバ)

 ■不眠。ようやく寝付いた所で地震に起こされるorz
 何かフライパンの上で回されてる様な揺れ方だったなぁ…怖っ。
 雨上がりの空気がキモチイイ…あ、ちょっと眠くなってきた。

 ■ようやくネタ帳のペンを探し当てました。新宿の世界堂まで行ったよ…
 嗚呼、やっぱり良い。しっくり来る。この細さ短さ使い辛さ(ヲイ
 でも今はロクな考えが浮かばないので未使用。おあずけ。
 次無くしたらメーカー変えてやるっ!!
 ドクターグリップから出てる4色ボールペン+シャーペンも気になる。
 久々に文房具屋に入り浸ってときめいたわ。

 ■妙に食欲も無く、浮いた金で噂のよつばとリボルテックを買う。
 ただ遊ぶ気力が無いのでまだ眺めてるだけ。遊び心っていいなぁ(感心
 薄くて軽い常時携帯用のデジカメが欲しくなった。いつでもパシャパシャと。
 いや、ちゃんとしたカメラを先に買った方がいいか…

 ■グレンラガン再放送してたね! 何度観ても熱い!!
 まだサントラ買えないくそー。本編でガマンする。
 あ、今期アニメちょこちょこと観だす。あんま印象に残らない…気分のせいかもしれんが。
 ただ『クラナド』の映像はいい感じ。元知らないけど…KEY系ってことは京アニ?
 ブリック飲んでてペコッと凹むとか細かい所が良い雰囲気。
 実写版ネギまは録画してあるけどまだ観てません。怖くて。

 ■SAI入れたのはいいけどペンタブが使えない。使えるけど(何
 今のパソコンラックにはキーボードを置く台が無いのでタブレットを使うにはちょお不便…そも手がまともに動かねぇ。
 てなワケで結局コレも未使用でおあずけ。哀しいorz
 パソ机買うにもモニタから交換しないとイカンので使えるのはまだ当分先になりそうデス。
 
 ■脇からハンバーグの匂いがするのですがこれは何の病気ですか?

 ■CMでアムロナミエとナカシマミカを見ると『クレイモア』をイメージしてしまうw あ、おでこか!(今気付
 そう云えばクレイモアのキャラソンが出てたね…すげぇ気になる!
 あの内容にしてのキャラソンて…萌えソングだったらそれはそれで面白そうだ(嫌

 ■サンクリ明日じゃなくて良かった。絶対行けなかったわ。
 いや、今のままじゃ明後日でも危ういな…てかペーパー刷って無いことに今気付くorz
 そもそもペーパーに書くことが特に無い。近況と云えど毎度同じだし…心苦しい。
 ペーパーの形態もそろそろ新しくするかな。毎回短編作って載せるとか。
 まぁ色々と一新しなきゃならんモノがあるわ。淡々と考えよう…

 ■忘れてた…松屋も値上げしてたんだっけorz

 ■美味しい…何が食いたいのかよく分からないなぁ。
 何を食べても満足できない。完全に食欲が無いワケじゃないんだけど…
 でもまぁ今度お金に余裕ができたらアキバの『てけてけ』って焼き鳥屋(?)に行ってみたいと思った。レバーのレア焼きと焼酎!
 あ、レバ刺しが食いたいわ。あん肝とか。濃厚な味が欲しいのかもなぁ。

| | コメント (0)

踊れねえ…(バーニア)

「踊る大捜査線」の再放送をやってた。
で、見る。
聞きなれたエヴァBGMがバシバシかかる中、10年経っても色あせない作品が、ココにもあった…などと思ってたその時。

ナイフの描写にボカシ処理が。

劇中で、上からの圧力がどうのと言ってた矢先。
テレビ局は、それに屈したらしい。
…なんか、しょっぱい御時世になりましたのね…。

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

碓氷峠、残照(バーニア)

2007年9月30日。

その日は、特別な日だった。
信越本線、碓氷(うすい)峠。
日本一の急勾配を誇り、鉄道ファンとしての青春を捧げた峠の鉄路。
その廃線から、今日で丁度10年の歳月が流れた。
初秋の休日、僕は久しぶりに、その地を訪れてみることにしました。


そぼ降る雨の中、降り立ったかつての峠の玄関口は静まり返っていた。
群馬県。JR信越本線、横川駅。
列車の到着ごとに響いていた釜めし売りの声も、もう遠い昔のことだ。
山の向こう、軽井沢へと続いていた線路は分断され、その先にはテーマパークとなったかつての機関区が見える。
高崎から乗ってきた4両編成の列車は、広い構内を持て余すように暫く停車した後、ほとんど回送状態のまま引き返していった。
数人ほどの鉄道マニアが改札を抜けると、ホームから人影が消えた。

「特にイベントもやってないみたいよ?」

構内の外れにある、そば屋のおばちゃんが言う。
それでも数人ほどの、同じ想いを持った人達が今日は降りたという。
数人て…。
それは、拍子抜けの数字だった。

自家製麺と言う上州そばを平らげた後、誇線橋を渡ってかつての4番線へと向かう。
ここは、峠に挑む列車達が、補助機関車FE63、通称「ロクサン」を連結していた場所だ。
柵が張られ、停止位置目標にも×印が貼られ、ここがもう使われていないことを容易に物語っている。
重い機関車を支えた太いレールは、緑のジュウタンに埋もれていた。
しかしここから、紛れも無く列車が発着していたのだ。
ロクサンと共に、JR最大の難所へと挑んで行った列車たち。
上野と長野を結び、今は新幹線となった「あさま」。
上野と金沢を結び、峠の廃止と運命を共にした「白山(はくさん)」。
同区間を結んだ夜行急行「能登」も、当時はここを通っていた。
釜めし売りが深々と頭を下げて列車を見送った4番線跡は、静まり返り、初秋の雨に濡れていた。

構内を一巡した後、テーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」を尋ねる。
ここは、かつての機関区跡。
ロクサンの寝ぐらだった建物が、そのまま活用されている。
構内には、そのロクサンと、姉妹機として誕生したEF62、通称「ロクニ」が保存されている。
改めて見るその姿は、どこまでも圧巻だ。
彼は黙して語らない。
だがその108トンの巨体は、重連(二両連結)で峠を登る全列車を力任せに押し上げ、あるいは全重量を背負い、重力に逆らいながら下って行ったのだ。
強力な発電ブレーキから発せられる莫大な熱は、陽炎となって周囲の景色を歪めた。
その熱は、機関車から200メートル以上離れた最後尾車両にいても感じることが出来た。
それだけ、全力で列車をサポートしていたロクサン。
まさに「峠のシェルパ」。
彼は、燃えていたのだ。

閉園時間になり、後ろ髪を引かれる思いで機関区を後にした。
ここから、かつての本線跡を少しだけ辿ってみる。
現在、その半分までが遊歩道として整備されており、将来的には復活の計画もあると言う。
そのため、設備一式が当時と変わらない様子で残されている。
数々の列車が駆け抜けていった、峠の鉄路を歩く。
「あさま」が、「白山」が、信濃(しなの)の地を目指し、あるいは上野へ向けて走って行った幹線道。
当時と変わらないそれらの景色を眺めていると、また列車が来るのではないかと言う錯覚にすら囚われる。
だが、頭上高くを越えていく上信越道が現実を突きつける。
この道路の開通、そして長野新幹線の開業が、碓氷峠の鉄道の分断を決定的なものにしたのだ。
求められなければ、無くなって行く。
この、至極単純にして無常な現実が、ここにもある。

雨脚が、強くなった。
陽も暮れて来た。
裏妙義の山々は霧で霞み、色を失ってまるで水墨画のようだ。
今回の訪問も、そろそろ終着点が見えてきた。
過去を振り返るのは醜いけれど、人には忘れてはいけないこともある。
俺は、もっと色んなことに必死になろうと思った。

2007年9月30日。
「あの日」から10年が経った峠の鉄路が、闇に沈んだ。




この日の記録を、当時の写真と織り交ぜてアップしました。
説明を順に読んでいくと、ミニヒストリーになる仕組みです。

http://mixi.jp/view_album.pl?id=5739767&mode=photo

| | コメント (0)

碓氷峠、残照(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

ツキササルトウメイ-透明-(マテバ)

 ■沢尻エリカ…実は愛されたいのにああ云う表現しか出来ないのかもしれないと妄想したらキュンとした。不器用っ子萌え。

 ■サンクリ新刊『潮騒(完全版)』入稿して参りました!
 前・後編の2冊に分けると色々と面倒が起こるので併せての一冊です。
 前編買った人、お得だよ。レアもんだよ。どうもすみませんorz
 まぁそんな事は全然気にならなくしてくれる内容なのでどなた様も併せてシクヨロでっす!!

 ■あと実験的に作った缶バッジが色々とありますので興味のある方はそちらも是非に!
 ひとつ300円ぐらいになっちゃうと思うけど。まぁ相場相応?
 缶バッジ用で何か特別に企画を始めても面白いかもなぁ…

 ■そも体調を回復しておかんとサンクリに行けるのかすら危ういorz
 ひたすら栄養摂ってひたすら寝ておきます…ってすると眠れない葛藤。
 どうでもええがこないだ1日に5回連続でエロい夢を見た。でもエロビデヲ観る気力などは特に無い。不思議。

 ■ネタ帳のボールペンを無くしたorz
 今日新しいのを探しに行ったらもう生産してないかもって…メモ帳自体に続きボールペンもか!?
 以前予備を買ったような気もするし誰かにあげちゃったような気もする…
 別に書くだけなら他のペンでもええんだけど。
 なんつーかこう…好きな子が突然引っ越しちゃった時のどうしようもない虚無感がずっと意識の裏側にあるのよね。
 嗚呼、使い辛かったけど馴染んでいたんだなぁと。
 てなワケで意地でも探そうと思う。

 ■江古田ちゃんがキてる。面白いw
 風呂沸かしすぎの“ゴブラゴブラ”ってオノマトペ凄く感心した。確かにそう聞こえる!
 食べる時の“グモッシャ”とかも好き。
 オノマトペと云えばサンデーの『お茶にごす』で靴を投げ落とした時の“ポケッ”て音も感心しましたw
 ローファーとか確かにそんな感じの篭って響いた様な音だった…(懐

 ■なーんか色々と考えて書いてみたもののアホらしくなってやめる。
 もうちょっとしっかりしたら書こうかなと。漫画のこととか。
 今は自分に向き合って作品を創っていたいカンジ。
 創造を止めた時がモノカキの死ならば、成長を諦めた時が人間としての死だ。
 枠を意識しすぎて正に捕われていたんだなぁと。反省。
 我流には我流のルールとプライドがあるってことを見せ付けてやろうと思う。
 限界が分かるからこそ必死になれるんだ。

 ■眠い。ずっと眠い。そのクセ寝られない。
 それでもまぁ、ボロボロになったぬいぐるみを抱き締めながら眠るのはささやかな幸せだ。
 今期のアニメでトキメクものは無いなぁ…ってまだこれからか。
 極端な話、観るアニメが無くなったら酒の量もガクンと減ると思います。
 それはそれで哀しいけどね。

 ■美味しい…色んなモノが食べたい。もう何でもいいや。
 薬ばっかり飲んでると何食べても薬臭い気がして嫌だなぁ。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »