« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

散れど乱れど床桜

 ■何となく生還したマテバです。
 本気で死の淵を見た。絶景。もうちょっとだった。
 チアノーゼは酷いと紫を超えて緑色になるんだゼ!!

 ■そんなこんなで酷い肺炎に掛かって3月をまるまる棒に振るorz
 酸欠状態だといよいよ思考も鈍るからもう生きてる価値も無かったわ。ウ●コも漏れたし(ぇ
 妄想できないニートはただのニートさ。あんま変わんない。
 部屋も片付けの途中で止まりっぱなし。
 心身ともに疲れ果てた! でももう休みたくもない!!
 元の体たらくな生活に戻ります。あと酒。本気で酒飲みたひ。

 ■ヒキコモリに輪を掛けて寝込んでいたから外に出ると未だにクラクラする。
 久々に女子と話すとめまいがする。それはまた別か。
 今年の目標はスーパーで堂々と販売員から試食を貰うことです(小
 桜も咲いたねー。

 ■もう今の状態だとサンクリどうとか考えたくない。考えない。
 行き当たりまったり。明日は明日の甘い吐息さ。
 何もしない事に昔の生き方を思い出した。良かれ悪かれ。
 優しく激しく、穏やかに情熱的な、そんな床上手の様な人生をボクは送りたい。

 ■どうでもいいけどタマスジにも床擦れって出来るのね…

 ■心配されないよう元気にお送りしますた。
 自分で書くとメディアリテラシーの大切さがよく分かる。意味ちょっと違うがw
 マダ生キテルヨー。

 ■美味しい肴&酒! 尻か! 尻はいずこじゃっ(御乱心

| | コメント (1)

2008年3月16日 (日)

君の声は爆音に似た囁き

 ■町で楽しげに会話する女性を見かけました。マネキンと。
 もう春だものね。
 電車の中、真顔のまま棒立ちで倒れたサラリーマンを見ました。
 スックと起き上がり、真顔で彼は言いました。

 「そんな訳ないだろ?」

 嗚呼、もう春だものね…

 ■家用のメガネがガッタガタなので流石に作業に支障でるのはマズいと思い、安い眼鏡屋へメガネを新調しに行く。
 最近は売っているのが殆どオサレメガネ=レンズが幅狭なので作業用には向いていない…てか俺が慣れられない。
 探しに探して幅広な黒縁メガネを購入。度が強くレンズが特殊扱いなので出来るのは来週だけど。
 視力が下がった事もあって外用も新しいレンズにしようと測定してみたら店員さんに「気のせいだ」と一蹴されました…
 そうか、悪いのは目じゃなくて頭の方なのか。あははは(空笑い

 ■どうでもいいけど、皆さん脳内で出せる(想像の)最大ボリュームってどれくらいですか?
 ボクはどれだけやっても脳内ではせいぜい『自分が出せる最大の声量』分くらいしか出ませんね。
 ジェット機の爆音やガス爆発、目の前での落雷など、劈くほどの音を聞いた記憶を思い起こしても叫んだくらいのレベルフラットに調整されてしまう感じです。
 ただそれと同じ程度の音量に、好きなコの声とか能登さんの声とかも調整されます。むしろ大きいくらい。
 何となくですが、自分の強い興味や深く記憶に焼きついたものほど大きく明確に響くのかもしれません。そりゃそうか。
 脳裏に浮かぶ映像がそうであるように、記憶に流れる音もどんどん褪せて行くものなのかなぁやっぱ。
 耳を澄ませば、未来が聞こえる。

 ■床に伏せてウダウダ。ハッと思い出して『大神』を引っ張りだし即プレイ。
 おおっ! これは!! 何て心地イイ世界なんだっ!!!!
 淡い『ICO』の世界とはまた違うペッタリと心に塗りたくられる様な雅の世界。引き込まれるわぁ…
 始めに出てきた神様が桃乳(デザインね)でイイと思っていたら、村を出る前には桃尻(デザイン…じゃないかも)が見れて感動しました(語弊
 ゲーム性もアマテラスのアクションもウキウキします!
 細かい仕草とか村人の可愛さとか発見が多くてトキメキます。
 ガッツリやってみるよ犬威サン!!(←薦めてくれたお方

 ■ソフト探してて思い出したが『ワンダと巨像』もまだ未プレイだった(汗
 この際いろいろと堪能してみようと思う。
 好きになるに決まっているから今までやらなかったけど(ぇ
 ちなみにヨドバシのポイントで『みんな大好き塊魂』をゲットしてもうクリアしますた。即。
 今回も曲がステキすぎるw CDほっすぃー!!

 ■ここ2週間はほぼ寝込んでいたので先の作業がちょお停滞orz
 グレンラガンアンソロ③は無事に入稿できました。
 俺の予定だともうサンクリの原稿は終わってるハズだから…イベントひとつ分の作業がズレているのか。
 まぁ無茶はしても無理はしない。
 新パソが届いたら練習を重ねてカラーを学びます。最低限の。
 ズレている色彩感覚を調律するにも結局は経験から探り出さなきゃだものね。
 悩むよりやって失敗しちまった方が手っ取り早い。
 むしろ人生をリテイク。
 もしも願いが叶うならぶぁーっ!!!!!

 ■そう言えば結局今敏展も行けなかった…
 そして石黒正数さんのサイン会の整理券も取り損ねた…
 まぁまたいつか機会はあるか。
 ボクがいつかサイン会を開くことがあれば、その時はサインじゃなくて濃厚なキスマークにしようと思います(嫌

 ■ようやく咳が落ち着いてきた。まだ酷いけど。
 アレだって。ちゃんと食べてもストレスで栄養が吸収されなくなっちゃう事もあるんだって。
 今回は何が酷いって、夢の中でも壮絶な苦しさを感じるのよね。まぁ喘息で息苦しいから何だろうけど…
 いつかテンピュールの山に埋もれて寝てみたひ。
 全身にふんにゃふにゃの感触を感じながら。もちろん全裸で(ぇ

 ■美味しい…桃が食べたい!
 やましい気持ちじゃありません。決して。
 信じられないならボクの薄ら笑いを見て下さい。

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

哀しみに満ちた蟻の雨が降る

 ■どうでもいいが、宮崎出身の母は訛っていてずっと“雨”と“飴”の発音が逆で、かなり想像力を掻き立てられた覚えがある。
 今日は雨降り、飴を振り、かな。世間は。

 ■どうも、リアルに死に掛けているマテバです。皆さんのご想像通りです(何
 病弱さはもう知れたことなのであまり書きませんが、ボクの感じる限り人生で一番死の予感がヒタリと背中に貼り付いております……
 風呂場で倒れたのをきっかけに、それからとにかく息苦しくてずっとかったるいorz
 視力がだんだん落ちてきたのはどうやら栄養不足からみたいです。酷いな。
 金が無い上に仕事もできないこの状況…ニュースの特集とかで見る“負のスパイラル”を実感しておりますヨ。
 しかし「体には気を付けます」と話してた矢先なので情けないってか申し訳無い感じデス…

 ■更に追い討ちを掛けるようにパソコンもご臨終。マジかっ!
 以前感じた予感通りにすぐ壊れたので何だか洒落にならんなぁと…(上記参照
 グレンラガンラストアンソロのラストページのラストのコマをベタ塗りしている最中に逝かれますた。何てタイミング!
 そして気味悪い事に、愛用していた腕時計がパソ壊れたその時刻で止まっている…洒落にならんなぁと(以下略
 アンソロ1巻の原稿料がちょい入ったのでそれを元手にニューパソコン買います。
 ただ生活費は既にマイナスだから、また数ヶ月は病みライフをエンジョイしそう(ウフ

 ■栄養失調と自律神経失調を同時に引き起こすミラクルみるくん。
 覗き見たカルテに『衰弱』と書かれていたのには笑ってしまったw
 体力的にも精神的にもゲージ削られまくりデス。
 さすがにもう元気なフリもできないや…
 それでも私は元気です。部分的に。

 ■楽しい話をしましょう(唐突
 身辺整理をするように(コラ)物置を整理していたら、タンスの棚からファミコンが出てきました。
 引き出し開けたらファミコン。シュール!
 …以上です(ぇ
 俺は爆笑したけどねw

 物置にあった物の8割は要らない物とかどんだけ効率悪い生活をしているのかよく分かる。
 「とりあえず」と「後で」は禁物ね。物が増えるし整理つかない。
 もっと効率的に生きる方法があるハズだ…まぁもう疲れて倒れそうなので、とりあえず後で考えるとしよう(投

 ■実際、ゲロ吐き鼻血を垂れ流して、よだれと涙を拭く気力も無く、正に虫の息。
 そんな状況でも、発見をする。ネタ帳を、ペンを取ってしまう。真紫の指先で。震える腕で。
 その瞬間「俺ってすげぇな」とちょっと感心してしまった。
 もうひとつ思ったのは「よく飽きねぇな」と…

 もはやボクの創造には死の影響力すら及ばない。
 卓越しているワケじゃない。けれど特別なのは確かだ。
 集中して思考を走らせる。息を潜める、その瞬間。
 とても楽になる。いや、苦しさは無くならない。
 何て言うのかな…悪い気はしない、かな。
 このままなら『構わない』と思いもする。
 その時はやはりドトールでw

 ひとつ考えたのだ。自分が最後まで必死になれる方法を。
 例えば戦士ではなく、創作者の行ける『ヴァルハラ』が在るとする。
 細胞一片まで自分を、命を、作品に練り込んだ者だけが行ける場所。
 そこにはトキワ荘があって、モチロンあの方が鎮座しているw
 昼は死ぬほど書いて、夜は作品について語り合い、ケンカし合う。
 時々空には鳥が飛んでいて、それを見た時に風を感じたりして、その時は昼でもペンを置き、コーヒーの香りを楽しむのだ。

 天国があるだなんて信じられないけど、そんな場所ならば信じてもいい気がする。
 天国ってきっと、自分の『生きた』場所が投影されるロードショーなんだと思う。

 ■そんなワケで、ボクはヴァルハラに行く為に最後まで創作者であろうと思います。
 土産となる代表作が無ければ門前払いを食らうかもしれない。
 必死になろう。言葉通りの必死に。
 ほら、疑うことを止めれば、世界はまだこんなにも




 創れる余地があるじゃないか。




 あ、違う。疑うことを止めちゃダメだ。
 だってそれが、仕事だから。

 ■誤解されるかもしれんので一応。
 もう頑張ってるんだからあとは迷わず気合の一手を決めようぜ! ってことね要するに。
 あーもうちょお腹痛なので寝ます。あ、コンビニ決済だけしてこないと。パソの。
 バナナオレでも飲んで癒されよう。
 見直す気力が無いので書き逃げで失礼。

 ■美味しい…いや、もっと美味しい病院食を求める! 無理か。

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

或るひとつの愛からの卒業

 ■古いサトコから、新しいサトコへ(隠語
 部屋片付けケイゾク中。
 要らん物をとことん捨てたり売り払ったり。
 以前は手放すのを躊躇った物たちも今では冷徹に処分。
 大人になった? 割り切り? 価値観の変化?
 いいや、単に気付いたのだ。これからに大切なモノを。

 ■町は卒業生で溢れていた。
 ボクも卒業したい。この人生からのログアウト(ぇ
 いや、卒業しなくていいからサボりたいんだ。
 その為だけに本気で大学へ行こうと考えているボク。
 専攻は『人間の愚かさ』なので研究の一環です。
 あの至福の時間、たまらない。

 ■グレンラガンアンソロ②巻が発行されました。
 さくらぢまは巻頭に載っとりますんでシクヨロ!
 タイトル間違ったままだ。まぁいいや(諦
 今月号でラストか…しかし魂は不滅っ!!
 NALさんのひぐらしアンソロも楽しみw

 ■前向きになれないのは、後ろばかりが気になるからだ。
 後ろ髪を引かれる…いや、足を引っ張られているだけかもしれない。
 アホなハナシだ。そこには残影すら存在せんのに。
 後ろを向いてもそこにあるのは現在と毎秒の未来。
 どうせなら光の差す前を向いた方がいい。
 今日、ボクは新しい卒業証書を手にした。

 ■武士は食わねど高楊枝。ニートは働かねど打ち上げ乾杯!
 明日は無理して都心に出ます。てかモニターが今にも死にそうで…
 アキバ見学。都産見学。あとは原稿。
 いや、行けたら今敏展を見たいと思うが…時間が無さげ。今回はパスかなぁ。
 http://www.gankagarou.com/

 ■3月になったね。色々書いてるよ、俺。

 ■美味しい…カレーうどんが食べたい!
 本格的なカレーうどんって食ったこと無いなぁ。カップラーしか。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »