« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月20日 (土)

生きてあげようかな

 ■先日、大切な友人が死んだ。
 哀しい最後だった。
 けれど、お葬式も終えたのにボクは未だに現実感が無かった。
 一緒に遊び、仕事をし、色々な相談にも乗り、掛け替えの無い時間を過ごした仲間。
 その遺体を見ても何だか置物の様で、不謹慎だが何かの冗談にしか思えなかった。
 暫くすればまた会える…そんな気がしてたまらないのである。

 これは一種の自己防衛本能なのかもしれない。
 今敏さんの時もそうだった。
 胸の奥、心の裏側から杭を打ちつけられた様な衝撃を受けてめまいがした。
 しかし今さんの遺した作品を眺めていると、心がまっさらになる気がしたのだ。
 受け止められない現実は何かに誤魔化されて体の奥底に沈められていく。
 それで良いのか悪いのか…今のボクには判断できやしない。

 約10年前、最愛の祖母を亡くした時には後悔の念に押し潰されそうになった。
 何でもっと話をしなかったのか、何でもっと笑顔を見せなかったのか、何でもっと抱きしめてあげられなかったのか。
 その時に学んだことは『愛せるものは愛せる内に愛さねばならない』というある種、当然の様なひとつの答えだった。
 けれど人間は麻痺していく。大丈夫だ。何とかなる。
 そうやって前向きにも似た想いで大切なものをはぐらかす様になってしまう。
 生きていくには仕方の無いことだ。
 でも、いつだって気付いた時には遅いのである。

 その友人に出来ることはまだまだたくさん有ったのでは無いだろうか。
 きっと今回の出来事でそういった悔いや怒りを持った者は少なくないと思う。
 けれど今更なのだ。全てが、今更。
 哀しいけれど、今はただ冥福を祈り、彼の笑顔を忘れずにいることだけしか出来ないのである。

 生きていかねばならない。なるべく正直に、恥ずかしさは捨てて、愛せる人を愛していかねばならない。
 作品だって一緒だ。止まってはいられない。書きたいモノを常に書いていかねば読者には届かない。
 いつか自分にだって終わりがくる。
 それまでの間に、幸せになろう。

 ■とは云うもののショックで筆は進まずorz
 こんな状況でも仕事はしなければならない現実。
 大人って凄ぇなと改めて思う。
 とにもかくにも美味い酒を飲んで明日をしっかりと生きていかなきゃだわ。
 1973年モノのハイランドパークちょお美味かったなぁ…恍惚(ヨダレ
 明後日も町田ビアホッパーで飲ま飲まイェイだぜ!!
 って、結局お酒なボクでした。まる。

| | コメント (2)

2010年11月 2日 (火)

彼女の血はキンモクセイの匂いがした

 ■サンクリお疲れでした!(今更
 ボクは風邪の治りかけでほぼぐったりしておりましたがイベント後にようやく完治。
 そして昨日今日でまたぶりっ返す罠orz
 何もかもが安定しない季節やね……

 ■そんなこんなで寝込み身モードの時には軽い鬱状態に。
 深く深く、自分の中に潜ってしまう。
 息を吐く度に鉛の様な重たさを感じた。
 重心が少しだけ左に傾く。
 足掻かなければ沈んでしまう。
 けれど八方塞がりで手も足も出ない。出せない。
 もう「俺の人生なんて知るかぁああああああああっ」と自暴自棄に……否!
 ひねくれた"前向き"になりますた(ぉ

 何が起きても「まぁ、いっか」と思うほか無いわね。
 何とかなるなる! 何とかするする!!

 ■お金が無いからといって外に出なくなると、全くと言っていいほど新しいネタが入ってこないのでヤヴァイなと思う今日この頃。
 少し違うが"苦労は買ってでもしろ"という言葉の意味が身に染みる。染みうま染みうま。
 週末のデザフェスが楽しみで仕方ない。
 あ、結局色々あって土曜に行くことになりそうデス。
 (もしかしたら日曜も含め両日行くかも)
 イベント以外で外に出ないっつーのもアレやね。
 あ、あと飲みの時か。ステキなダメ人間っぷり。
 潮溜まりを巡る旅に出たい(何

 ■生き方を変えるべきか変えざるべきか。
 人を頼るべきか頼らざるべきか。
 自分をどこまで信じるべきか疑うべきか。
 そんな全てがどうでもいい。いや、よくは無いな。

 自分は自分の人生の主人公にしかなれないのだ。

 ■お腹が空く。へろへろ。
 デザフェスまでがまんがまん。
 あ、今年も町田でビアホッパーあるらしいよ(私信

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »